日本の代表的な対テロ急襲部隊SAT

日本における特殊部隊

日本で軍隊にあたる組織といえば自衛隊がありますが、その中にも特殊部隊が存在しています。
1999年に発生した、能登半島沖での不審船事件を受けて、2001年になるとSBUが発足されることになりました。
SBUにおいては、イギリスから教官を招き、立ち上げを行ったといわれています。

日本特殊部隊の構成

構成する隊員の数としては、80名にものぼらないといわれており、その一部の編成は公表されています。
しかし、その構成員の名前だったりどのような訓練が行われているか、ということについては一切が機密事項となっています。
主な任務は防衛的なもので、警察的な役割を持つことが目的とされています。
2007年には公開訓練が行われましたが、そこでもそういった任務の様子が公開されました。

警察系特殊部隊SAT

また日本の特殊部隊といえば、SATの存在があります。
これは日本の対テロ急襲部隊であり、1977年に起こった日航機乗っ取りダッカ事件をきっかけに、テロ対策のために発足されました。