NKVDやGRUなどの特殊偵察部隊が活躍する

第二次世界大戦時、NKVDやGRUなどの特殊偵察部隊が活躍を果たしました。
それを全身として、スペツナズという特殊部隊が組織されることになったのです。
空挺軍から、政治的にも信頼性が高く、技術も高い人員を選別しつつ、部隊の規模は拡大されていき、現在に至るまでになりました。
スペツナズという言葉自体が、ロシア語では特殊部隊を意味する言葉の短縮形になっています。