陸軍に力を入れているフランスと平和維持活動を行うイタリア

フランスでの軍隊事情

フランス軍においては、軍事予算は世界でもトップクラスに入るほどの費用となっています。
イギリスなどは対GDP比の水準が認められていますが、フランスでも同じような水準を維持しています。
軍隊では、陸軍・海軍・空軍のバランスは取れているものの、配置として陸続きで他国と隣接しているという点に着目されているようです。
過去に、第二次世界大戦によって首都であるパリが占領された経験があるため、特に陸軍に力が入れられているようです。

フランス軍隊の兵力

フランスでは、2001年に徴兵制度が廃止されることとなったため、兵力も縮小されることになり、28万人ほどです。
しかし、兵力の絶対数が少なくなったものの、その反面として兵士それぞれの質は向上しているようです。
最新鋭のるクレール戦車を400保有するなど、軍備の整備が進められています。

フランスの海軍事情

フランス海軍では、シャルル・ド・ゴールという原子力空母が海軍を象徴する存在となっています。
シャルル・ド・ゴールは満水時の排水量4万トンにもなる空母ですが、さらに通常動力で7万トン級の空母を開発するという動きもあるようです。

イタリアでの軍隊事情

平和維持活動を行うNATO軍の主力の一つが、このイタリアの軍隊でもあります。
工業の発展に伴い、陸軍・海軍・空軍それぞれで最高品質の装備が整えられています。
開発される兵器には、チェンタウロのようなタイヤを使った個性的なものも見られますが、その能力の高さもまた保障されています。