脅威と感じられているイランと紛争が絶えないイスラエル

中東というと、かなり紛争が多く起こり物騒な地域であるという印象を持っている人も多いことでしょう。
開発が進められているミサイルなどは射程距離も伸びてきており、射程範囲内に収まる国としてはかなり脅威を感じる存在でもあります。
イランやイスラエルなどの軍隊事情は、世界各国でも注目が集まるところです。

イスラエルにおける軍隊事情

イスラエルという国では、周辺のアラブ諸国との紛争が常に絶えないような地域でもあります。
しかしそれは逆に言えば、どこの国よりも実際に戦闘を行った経験が豊富である、ということでもあります。
イスラエルの装備では、アメリカから支援を受けているため、最新式の装備をそろえているというところにも特徴があります。
また、それだけではなく最近では自国の中で兵器を開発できるというほどにまで技術の進歩が進んできています。
空軍などは、アメリカからほとんど主力戦闘機を与えられる形で装備を整えているようです。
イスラエルの場合、全国民に兵役義務がありますから、何かあったときには動員できる兵力として17万7000人という数があります。

イランにおける軍隊事情

イランといえば国土がかなり広いことに加え、そこから産出される石油によって豊富な資金を得ている国でもあります。
また、人口も7000万人以上と多く、常備できる兵役の人数だけでも54万人以上にのぼります。
また、そこにイスラム革命防衛隊などが加われば、準軍隊として追加で20万人の動員人数があります。
装備としては、イスラム革命前のものが多く旧式のものではありますが、小火器は自国でも生産をすることが可能となっています。
イランが有しているミサイルに仮に核弾頭が搭載されたら、という点において、各国からは脅威と感じられています。