陸軍に力を入れているフランスと平和維持活動を行うイタリア

フランスでの軍隊事情

フランス軍においては、軍事予算は世界でもトップクラスに入るほどの費用となっています。
イギリスなどは対GDP比の水準が認められていますが、フランスでも同じような水準を維持しています。
軍隊では、陸軍・海軍・空軍のバランスは取れているものの、配置として陸続きで他国と隣接しているという点に着目されているようです。
過去に、第二次世界大戦によって首都であるパリが占領された経験があるため、特に陸軍に力が入れられているようです。

フランス軍隊の兵力

フランスでは、2001年に徴兵制度が廃止されることとなったため、兵力も縮小されることになり、28万人ほどです。
しかし、兵力の絶対数が少なくなったものの、その反面として兵士それぞれの質は向上しているようです。
最新鋭のるクレール戦車を400保有するなど、軍備の整備が進められています。

フランスの海軍事情

フランス海軍では、シャルル・ド・ゴールという原子力空母が海軍を象徴する存在となっています。
シャルル・ド・ゴールは満水時の排水量4万トンにもなる空母ですが、さらに通常動力で7万トン級の空母を開発するという動きもあるようです。

イタリアでの軍隊事情

平和維持活動を行うNATO軍の主力の一つが、このイタリアの軍隊でもあります。
工業の発展に伴い、陸軍・海軍・空軍それぞれで最高品質の装備が整えられています。
開発される兵器には、チェンタウロのようなタイヤを使った個性的なものも見られますが、その能力の高さもまた保障されています。

イージス艦を保有しているスペインと東西が融合するドイツ

ドイツでの軍隊事情

ドイツは過去、東西に分断させられていたという経験を持ちます。
そんなドイツでは、常に軍備強化が題目として掲げられており、その流れの中で1990年に統一された際、強力な両軍が融合することになりました。
2000年代からは、平和維持活動をNATO軍主導で行うなど、様々な活動を見せています。

ドイツでの徴兵制度

ドイツでは徴兵制度が存在しており、予備役も含めた兵力は40万人にも達します。
元から陸軍が強い軍隊であり、現在も戦車を開発する能力の高さによって注目を集めています。
ドイツ軍の主力戦車であるレオパルド2などは、欧州での標準戦車とまでされるほどの高い能力を有しています。
また潜水艦の分野では、通常型の潜水艦を作る能力はドイツは世界でも最も高いといわれています。
小型のものを好んで開発する傾向にありますが、水素燃料電池で動く212型の開発なども行われました。

スペインの軍隊事情

スペインといえば、ヨーロッパの中でも唯一イージス艦を保有している国でもあります。
アルバロ・デ・バザン級のイージス艦が、2002年から保有されています。
さらに2013年には6隻がそろえられ、世界でも最高水準の艦隊防空能力を有するイージス艦がそろい踏みになりました。
NATO軍の合同艦隊においては、スペイン艦隊によって艦隊防空が行われることとなっています。
そのため、NATO軍の中でも防空能力は他から抜きんでた優秀さがあります。

ソ連軍の存在が大きいロシア

ロシア連邦軍の特徴

ロシア連邦軍が生まれる前の母体となったのは、ソ連軍の存在です。
T-50など最新の戦闘機を開発しているなど、優秀な能力を有しているのは、過去にアメリカとの冷戦経験があるからでしょうか。
中でも、スホーイ社によって開発されている戦闘機は日本でも一部のマニアに人気が高く、独特のフォルムが魅力を感じさせるようです。

ソ連から力を引き継いだロシアの軍隊

アメリカに対抗するための軍事力は、ソ連からロシアへと引き継がれることになりました。
しかし、目的であった冷戦という戦闘の存在がなくなったため、軍隊を運営することにあまりに力を割きすぎる必要はなくなりました。
そして、その流れで国防費も縮小されていき、2008年度になると中国がロシアの国防費を追い抜くことになりました。

ロシア連邦軍の徴兵制

ロシアでは、満18歳から2年間に渡る兵役義務が課されるのですが、これは社会奉仕によって代替することも可能です。
そのため、兵役義務を選択しないということも可能になり、それが兵士の数の減少にもつながっています。
2013年には兵員を削減しており、退役した将校の補充なども行われなかったようです。

ロシア連邦軍の戦車

ロシアの軍隊は、特に戦車の開発という分野において高い評価を受けています。
例えばT-90などの主力戦車は、さかのぼることソ連の時代から開発が行われていました。
しかし、それでもアメリカのM1エイブラムスなどと比較をしても遜色がないほどの砲力を有しています。

世界でもトップクラスの軍事力を誇るイギリス・スイス・ベルギー

イギリスの軍隊の特徴

イギリスでは、世界でもトップクラスの軍事予算を計上している国です。
世界に属領が広がっているので、その権益を保護するという目的から、特に注力をしているのは海軍のようです。
イギリスの場合、自国でも最新兵器開発が可能であるため、海軍における様々な技術はイギリス海軍によって生み出されてきました。

スイス軍隊の特徴

スイスといえば、永世中立国というイメージが定着しているのではないでしょうか。
スイスはヨーロッパの中央に存在する国ですが、そんなスイスが中立の立場を保つことができたのは、強力な軍隊を有しているがこそともいえます。
精密機械の生産などの産業が進化していくにつれ、兵器産業も次々に発展をしていくことになりました。
スイスには機関銃や装甲車の開発メーカーが存在し、他国への武器の輸出も行っています。

スイスにおける国防

スイスでは、国民皆兵という言葉が国策として行われています。
そのため、家庭ごとに自動小銃が置かれていおり、地域単位では対戦車砲が配置されるのが当たり前なのです。
全国民が、兵としての責務を持ち、侵略された場合に国を守るために準備をしておくという理念が徹底されていまうs。

ベルギーでの軍隊

過去、ベルギーという国は何度も何度も他国に侵攻されてきたという経験があります。
冷戦の終結により、軍縮されてはいますが、それでも4万人の現役兵を有しています。
さらには、もし有事の際には予備で10万人を動員することが可能とされ、兵力に替わる機械化も進められています。

ベルギーでの空軍と海軍

ベルギー陸軍では、主にレオパルド2が主力として用いられますが、スイス製のピラーニャという装甲戦闘車量なども多数有しています。
それに対して空軍では軍縮が進められていて、F-16の数は今や100機以下になってしまいました。
しかし、現在空軍では無人偵察機を使い、偵察能力を高めることが主軸に置かれています。
海軍の場合、カレル・ドールマン級フリゲートを持つなど、高い防空能力を有しています。