韓国・北朝鮮は牽制状態が続いている

韓国での軍隊事情

韓国においては、世界でも最も質の高い装備を備えており、海軍もこれまではあまり能力は高くありませんでしたが、現在では日本の海上自衛隊にとっても脅威と感じられるレベルの強化が施されています。
1951年の朝鮮戦争の際には、停止した以降も北緯38度線で北朝鮮との牽制状態が続いているため、陸軍の強化も行われています。

韓国での兵力

徴兵制が存在しているため世界でも第六位というレベルの兵力を有しています。
さらに、兵力に差のある北朝鮮に対抗をするために、最新鋭の対戦車ミサイルをアメリカから購入するなどし、装備面で朝鮮人民軍への対抗が進められています。
韓国軍にとっては、長らく北朝鮮との戦闘を視野に入れてきたようですが、昨今では日本との間にある領土問題によって、仮想敵国として日本が想定されている可能性もあるようです。

北朝鮮での軍隊事情

北朝鮮では、兵力として100万人を超える規模となっておりますが、兵器そのものは旧式のものが多くなっています。
しかし、それでも絶対数が多いために、陸続きである韓国にとっては、脅威としてとらえざるを得ない状態となっています。
日本であっても、弾道ミサイルが射程距離に入っていますので、十分警戒をしなければならない相手でもあります。
兵力は非常に高いレベルなので、仮に100万人以上の軍隊が侵攻すれば、韓国は抑えることはできないでしょう。