熟練度・武装レベルが高いアジアは注目されている

自衛隊といえば、主にアメリカの兵器を中心に武装をしていることで知られています。
また、隊員それぞれの熟練度も非常に高く、水準は高いレベルで保たれているといえるでしょう。
台湾は中国と牽制を続けている状況ですが、その中でも最新武装を整備しています。
日本にとっては、特に北朝鮮や中国、ベトナムの軍事力についても注目されているようです。

日本での軍隊事情とは

日本ではイージス艦を保有しており、さらに保有する戦闘機としては世界最強との触れ込みのあるF-15を世界でも第二位というレベルで保有しています。
海軍と空軍の軍備においては、世界の軍隊と比較をしても遜色のないレベルになっているといえるでしょう。
日本の国民からは、実践で使えるものなのかと疑問の声があげられることばかりですが、周辺の国々にとっては注目に値するだけの兵力を十分に有しているのです。
しかし、日本は憲法九条などの制約があるため、あくまで軍備は防御を目的として特化されています。

陸上自衛隊の軍備とは

陸上自衛隊では、世界でも最高クラスの装甲と砲力を有する、90式戦車を有しています。
搭載された火器管制システムは、高速で走行しながら連続射撃を行うことを可能にしているなど、アジアの中でも機械化の進行レベルは非常に高いといえます。

中国での軍隊事情

中国といえば人の数がとにかく多いというイメージですが、それは軍隊にも言えることでした。
もともとは数だけが多かったというような状態の中国軍でしたが、最近ではハイテク機の整備を行うなど水準の向上が進められています。
今では、アメリカ軍でも脅威を感じるほどのレベルになっているようです。
また、中国は核拡散防止条約により、核の保有を認められている国でもあります。
中国では世界第五位というレベルでの核兵器を保有していますが、近年では第四位であったイギリスを既に抜いているのではないかという見方もあります。